アメリカンフットボール  超電導リニア試乗 アイビーリーグ Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影
jone_logo
取材・文:
Journal ONE(編集部)
この記事は約5分で読めます。

Click here to read English article.

アメリカの4大スポーツのひとつ “アメリカンフットボール”。
その最高峰プロリーグのNFL(National Football League)は、全米で最も興行収入の高いプロスポーツと言われ、そのNFLに多くの選手を輩出するアメリカの大学が参加して行われる “カレッジフットボール(College football)” も、NFLと同じくテレビなどで放映される程人気があるんです。

今回、そのカレッジフットボールの名門であるアイビーリーグの選抜チームが、日本の社会人アメリカンフットボール・Xリーグの選抜チームと「Japan U.S. DREAM BOWL 2023」で対戦することになり、51名の選手(とスタッフ)が来日したのです!アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム-Journal-ONE撮影

Journal-ONEは、アイビーリーグ選抜チームに密着取材!
「Japan U.S. DREAM BOWL 2023」はもちろん、練習や滞在中にびっしり詰まった様々な交流イベントにおける、選手たちの素顔を紹介。スポーツを通じ、多くの日本人と育んだ心温まる日米交流の模様をレポートします。

来日3日目のこの日も、午前中のハードワークをこなした選手たち。
日本の環境にも慣れてきたのか、ポジション別の練習に加えてセットプレーなどの試合を想定した実戦練習が増えてきました。いよいよエンジンが掛かってきたようですね。アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Jack Bill Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影
アイビーリーグの選手たちを見て思うことは、“心からスポーツを楽しんでいる” ということ。選手たちはもちろん、コーチ陣とも常に笑顔でコミュニケーションを取っています。
楽しそうにハードワークに取り組む姿は、日本の様々なスポーツの練習風景でも余り観ることの出来ない光景。“歯を食いしばる場面” と “笑顔溢れる場面” が混在する練習風景は、観ているだけでもすがすがしい気持ちになりますね。アメリカンフットボール  超電導リニア試乗 アイビーリーグ Joe Kelly Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影

練習場である神奈川県川崎市を離れ、選手たちが向かったのは “山梨リニア実験線” です!
今日の午後は、日本の最先端技術に触れるイベントが待っていました。東海旅客鉄道(JR東海)が、東京・名古屋間の開業を目指して建設中の中央新幹線を走行する、超電導リニア車両の実験基地です。アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影

山梨リニア実験線(JR東海)(写真提供:JR東海)

来日初日、鎌倉で日本の歴史に触れるイベントに参加した際にも、「今回の来日で最も楽しみにしているイベント。」とプリンストン大学 (Princeton University)から選出されたパンター(P)のウィル・パワーズ(Will Powers)選手と、ジェームズ・スタッグ(James Stagg)選手が話していたとおり、バスを降りた選手たちはワクワクした表情で施設に入っていきます。アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Allen Smith Japan U.S. M - Journal-ONE撮影

ホールでの説明に先立ち、JR東海の副社長・中村 明彦さんが歓迎のご挨拶です。
アメリカンフットボールの強豪・京都大学でアメリカンフットボールをしていた中村さん。自己紹介で「Japan U.S. DREAM BOWL 2023」を主催する一般社団法人 日本社会人アメリカンフットボール協会の理事長・深堀 理一郎さんとのご縁を紹介します。後輩の中村さんが、先輩である深堀さんとのエピソードを紹介すると、選手たちも笑顔になりました。日本で一緒にアメリカンフットボールをプレーしていた選手同士のご縁によって、アメリカの大学生が日本の最先端の技術を体験出来る機会が生まれる。スポーツが持つ絆って素晴らしいですね。アメリカンフットボール Japan U.S. Dream Ball で来日したアイビーリーグ選抜の超電導リニア試乗を歓迎するJR東海 中村明彦副社長  - Journal-ONE撮影

JR東海・中村副社長とNFA・深堀理一郎理事長(アメフト・アイビーリーグ選抜の超電導リニア視察にて)- Journal-ONE撮影

続いて、超電導リニアについて書かれたパンフレットと、英語通訳のイヤホンを装着した選手たち。これから乗車する超電導リニアの仕組みや技術開発の道のりについての説明に熱心に聞き入っています。
イェール大学、ハーバード大学、ペンシルベニア大学、コロンビア大学、プリンストン大学、ブラウン大学、コーネル大学。ダートマス大学・・・ 日本人でも一度は耳にしたことのある世界的に学問で有名な大学ばかりの選手たち。
スカラシップといわれるスポーツ奨学金の授与がないアイビーリーグは、学業もトップレベルでなければ、プレーすることの出来ないリーグなんです!
文武両道、聡明で紳士的なアイビーリーグの選手たちは、熱心に超電導リニアの歴史や走行の仕組みにも興味津々。説明が終わった後も。JR東海の技術開発者に色々な質問を投げかけていました。アメリカンフットボール  超電導リニア試乗 アイビーリーグ Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影

アイビーリーグ選抜ご一行は、スタッフを含めて総勢80名近くの大所帯。ガラス越しに実車を間近で見ることの出来る見学コーナーや、時速500Km(時速311マイル)で疾走するリニアを見ることの出来る展望室、ビデオによる超電導リニアの講義も入れ込んで超電導リニアを体験する見どころいっぱいのメニューです。選手たちは順番に回っては、スマホを掲げて動画や写真を撮りまくっています!アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Jake Guidone Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影
特に、見学コーナーではガラスに額を付けて車両を丹念に見つめる選手たちの嬉しそうな笑顔は、本当に無邪気な少年みたいです。「この写真、後でシェアして下さい。超電導リニアと一緒に写った写真は、きっと一番のお気に入りになるはずだから!」と、プリンストン大学 (Princeton University)から選出されたディフェンシブライン(DL)のマイケル・アゼベド(Michael Azevedo)選手も本当に嬉しそうです。アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Camden  Gagnon Michael Azevedo Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影

選手たちに負けず、コーチ陣も超電導リニアの見学を楽しんでいるようです。車体の超電導リニア・ロゴマークをバックに記念撮影をする今回の選抜チームを率いるアル・バグノーリ(Al Bagnoli)ヘッドコーチの笑顔!とても素敵な一枚です。アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Al Bagnoli Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影

試乗の場面ではさらに皆さんの笑顔が弾けます!
「時速311マイルで走行するのにもかかわらず、シートベルトが無いんですよ。本当にシートベルトが必要ないかどうかを体感して下さい。」とJR東海・技術担当者が話すと、車両が動き出します。前方に設置された大きなスクリーンに映し出される先頭車両からのリアル映像を見ながら、速度計に皆さんの目は釘付けです。アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影
「時速93マイル(約時速150km)になると、浮き上がって車輪が格納されます。」との説明に皆さん、意識を座っているお尻に集中しています。「お~!今、浮いたのかな?」「浮いてる!浮いてる!」と選手たちはそれぞれに浮上した瞬間を楽しんでいるようです。
最高時速の311マイルに達すると、皆さん席を立って速度計の前で記念撮影です。珍しい体験に弾けんばかりの笑顔!JR東海・スタッフの皆さんも笑顔が溢れます。選手たちのスマホで撮影してあげたり、様々な質問に丁寧に答えたりと、最先端の技術が素敵な国際交流を演出しています。

アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Will Hamilton Michael Flores Stew Newblatt Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影

アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Joe Kelly Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影あっという間の試乗を終えた選手たちは、無事に駅に降り立ちます。
重厚なドアの空気圧が解放され、宇宙船のコックピットの様な乗降口から降りてくる選手たちはとても満足した表情です。

「311マイルで走行する鉄道に乗るなんてあり得ない経験だったね。」と、コロンビア大学から選出されたキッカー(K)のアレックス・フェルキンス(Alex Felkins)選手。
「東京から大阪まで1時間で行けるようになる。」という説明に、「ロス(Los Angeles)からサンフランシスコまで1時間位で行けるってこと!? 凄い鉄道だ!」と選手たちから、驚きの声が挙がります。
「事前のビデオで説明された、急勾配の坂や急なカーブなんて全然気付かないほどスムーズに走っていたね。」とハーバード大学から選出された、DLのマックス・ランディン(Max Lundeen)選手もその乗り心地に驚いた様子で話してくれました。「技術開発を30年も地道に続け、こんな凄い超電導リニアを走らせるところが素晴らしいね。」と、その技術開発の道のりにも感心していたマックスでした。アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Joe Kelly Japan U.S. Max Lundeen - Journal-ONE撮影

アイビーリーグ選抜の皆さんは、配られた超電導リニアのお土産を大事そうに手に持ち、とても充実した表情で山梨リニア実験線を後にしました。
いつもまでも手を振って見送っていたJR東海の社員の皆さんも、アイビーリーグの選手たちとの交流を楽しんだようです。「大学生だから、もっと子どもっぽいかなと思っていましたが、やはりアイビーリーグの選手たちは本当に紳士的で、熱心に見学してくれて嬉しかった。」と話すのは、国際部の副長・田中 裕一郎さん。これまで何名もの海外からのお客様を案内してきた田中さんが感心するのですから、やはりアイビーリーグの選手たちは本当に落ち着いた学生たちなんですね。

卒業後はフットボールから離れ、企業に勤めることの多いアイビーリーグの選手たち。数年後、アメリカ経済を牽引するビジネスマンのひとりとして、中央新幹線に乗って日本での商談をするような選手もきっといるに違いありません。その時には、山梨リニア実験線での出来事を思い出してくれると嬉しいですね。
「リニアに乗って、大阪に旅行してみたいんだ。」と話してくれた、コロンビア大学から選出されたディフェンシブバック(DB)のマイク・フリューゲル(Mike Flugel)選手の笑顔も忘れられません。アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Mike Fluegel Japan U.S. M - Journal-ONE撮影

今回のリニア実験線での体験を、アメリカに帰ってご両親や知人、友人とシェアして貰い、多くのアメリカの皆さんがリニアに乗るために日本を訪れてくれることを期待したいですね。この晩、多くの選手たちはSNSで、撮影しまくった写真や動画と共に、この貴重な体験をフォロワーに早速シェアしていました!

アクセス
山梨リニア実験線
  • 東海道新幹線・東京駅-JR中央線-大月駅-バス-県立リニア見学センター-徒歩

 

おすすめ記事