Football Japan U.S. Dream Bowl アイビーリーグ選抜チーム-Journal-ONE撮影
TwitterFacebookLinePinterestLinkedIn
この記事の目次

Click here to read English article.

アメリカの4大スポーツのひとつ “アメリカンフットボール”。

最高峰プロリーグのNFL(National Football League)は、全米で最も興行収入の高いプロスポーツと言われ、その優勝決定戦のスーパーボウル(Super Bowl)において「観戦チケットが4,500ドルから!」とか、「テレビCMの広告枠が30秒で約7億円!」といったニュースが日本でも報じられるほどです。

また、アメリカではプロリーグはもちろん、高校や大学でもその人気は絶大!特にアメリカの大学が参加して行われる “カレッジフットボール(College football)” は、NFLと同じくテレビなどで放映される程の人気なんです。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム QB Ben Mays-Journal-ONE撮影

フットボール人気(アメリカでは、アメリカンフットボールではなくフットボールと言う)の象徴とも言えるカレッジフットボールは、アメリカ国内ではMLBやNBAと並ぶ人気を誇ります。4大プロスポーツリーグのチームがない州や都市では、スポーツ=カレッジフットボールといっても良いくらいに熱狂するスポーツです。

各大学のキャンパスには、観客席付きの立派な専用スタジアムがあり、試合のたびに多くの観客が詰めかけてスポーツ観戦を楽しんでいます。正に地域に根付いたビッグなスポーツイベントですね。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム-Journal-ONE撮影

そのカレッジフットボールでも歴史と人気のあるアイビーリーグ(Ivy League)のオールスターチームが来日しました!

来る、2023年1月22日に、日本の社会人アメリカンフットボール・Xリーグが選抜チームを編成し、米国のアイビーリーグ選抜チームと対戦する「Japan U.S. DREAM BOWL 2023」に参加するため、51名の選手(とスタッフ)が来日したのです!

Journal-ONEは、アイビーリーグ選抜に密着取材!

試合はもちろん、選手やスタッフの皆さんの素顔や、日本の歴史文化、最先端技術の体験や、学生との国際交流を通して、アメリカンフットボールが繋ぐ日米の絆を紹介していこうと思います。

早速、初日の練習を取材するために神奈川県川崎市の富士通FRONTIERS Fieldにやって来ました。急に寒さが増して小雨も降る中、前日の夜遅くに羽田空港に到着した選手たちのコンディションが心配です。

身を震わせながら選手たちを待っていると・・・ 早速やって来たのは、今回最多の選手を選抜したコロンビア大学(Columbia University)のキッカー(K)・アレックス・フェルキンス(Alex Felkins)選手と、ロングスナッパー(LS)のパーカー・レフトン(Parker Lefton)選手です。

着替える前に先ずはフィールドのコンディションを確認しに来た2人。芝の具合や練習器具の確認をしているようです。「移動の疲れはないですよ。」「日本に来ることができて本当にワクワクしています。」と笑顔で撮影に応じてくれました。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム K  Alex Felkins,LS Parker Lefton-Journal-ONE撮影

徐々に選手が集まり始めました。今回の選抜チームを率いるアル・バグノーリ(Al Bagnoli)ヘッドコーチにご挨拶です。

「日米の多くの関係者の皆さんのご尽力で、日本でプレーできる素晴らしい機会をいただいたことに先ずは感謝したい。」とバグノーリHC。「私を含めた約50名の学生選手たちと、約20名のスタッフは本当に良い経験をさせてもらえる。昨夜遅くに日本に到着して翌朝の練習だから、選手たちのコンディションが心配ですが・・・ 日本の文化や歴史に触れ、日本人の皆さんと交流することも重要なミッション。この取り組みが続いていくよう、良い成果を残せるように頑張ります。」と、本当に日本でプレーすることを喜んでいました。

「来日は・・・たしか2006年以来だったかな? 久しぶりの日本を楽しみたいですね。」とバグノーリHCはロングフライトの疲れも見せず、笑顔で話してくれました。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム Al Bagnoliヘッドコーチ-Journal-ONE撮影

選手たちが集まり、全員でストレッチを行った後は、ポジションに分かれての練習に入ります。数カ所に分かれてそれぞれに練習する様子は、1月3日に行われたアメリカンフットボールの日本一を決定する選手権試合「ライスボウル」でも紹介しましたが、他のスポーツではなかなか見ることのできない光景です。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム DL James Stagg, Michael Azevedo-Journal-ONE撮影

「それが、アメリカンフットボールの魅力のひとつでもあるんですよ。」と教えてくれたのは、高本 史章さん。高本さんは、Japan U.S. DREAM BOWL 2023を主催する一般社団法人 日本社会人アメリカンフットボール協会の副部長です。「フィジカルの全てが優れていないと活躍できないスポーツとは異なり、走るのが得意、投げるのが得意、蹴るのが得意など、専門的なプレーを集結させてチームを勝利に導いていくというスポーツなんですよ。」

なるほど!自分の得意な部分を活かして、誰もが参加できるスポーツであるアメリカンフットボール。多様性のある競技特長が、全米屈指の人気スポーツである理由なのかもしれませんね。

アメリカ北東部にある名門の私立大学8校から選抜されたIvy League All-Star Team。カレッジフットボールNCAA Division IのFCS(フットボール・チャンピオンシップ・サブディビジョン)に所属するアイビー・リーグは、NFLで活躍する選手や歴代大統領などの著名人を多数輩出している超名門校ばかり!

皆さん本当に礼儀正しく、笑顔の素敵なナイスガイです。給水タイムには、笑顔でインタビューにも応じてくれます。ワイドレシーバー(WR)のジェリー・テイラー(Jerry Taylor)コーチも練習の合間に、「日本に来る機会をもらえて本当に嬉しいです。今日は軽めの調整で様子を見て、徐々にコンディションを整えていきます。」と笑顔で話します。選手の皆さんも、笑顔で違う大学同士のコミュニケーションを高めています。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム WR Coach Jerry Taylor-Journal-ONE撮影初日の練習はストレッチと基本練習で終え、午後からは日本の歴史を体感するために神奈川県鎌倉市を訪れることになりました。

先ず皆さんが訪れたのは、高徳院(詳名: 大異山高徳院清浄泉寺)です。法然上人を開祖とする浄土宗の仏教寺院は、本尊の国宝・銅造阿弥陀如来坐像 “鎌倉大仏” が訪日外国人に人気の観光名所です。

最初に話を聞いたのは、クオーターバック(QB)のライアン・グローバー(Ryan Glove)選手です。ドナルド・トランプ第45代アメリカ合衆国大統領の母校・ペンシルベニア大学 (The University of Pennsylvania)のライアンは、「日本に来ることを本当に楽しみにしていました。」と嬉しそうに話します。「まだ来日して1日しか経っていないけど、日本は安全で清潔な国ですね。鎌倉を始め、色々な体験をして日本をもっと知りたいですね。」と到着して直ぐに缶コーラを買っています。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム QB Ryan Glover-Journal-ONE撮影皆さん、日本の自動販売機に興味津々のようです。ひとつひとつサンプルを指さし、どんな飲み物かを確認しながら買っています。日本中、至る所に設置されている様々な種類の自動販売機で飲み物を買う。これもひとつの日本文化体験なんですね。

遠くから大きな大仏をじっと見つめていたのは、ディフェンシブバック(DB)のジェイレン・グランベリー(Jaylan Granberry)選手です。ジェイレンは、日本でも有名なイェール大学 (Yale University)からの選抜。多くのアカデミー賞受賞者や、ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュ大統領の母校でも知られる学校ですね。

「日本の歴史と文化に興味があったので、ここに来ることが出来て本当に嬉しい。」と熱心に撮影アングルを探しながら話してくれました。

ユニフームを着ていないと、アスリートとは思えないほど物静かな好青年のジェイレン。国立競技場での彼の俊敏なプレーを観るのが楽しみですね。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム DB Jaylan Granberry-Journal-ONE撮影

続いては、大仏の前で記念撮影するブラウン大学 (Brown University)の5人組です!

左からカムデン・ガニオン(Camden Gagnon)選手、ハンター・フォルソム(Hunter Folsom)選手、チャド・ブルームウェブスター(Chad Broome-Webster)選手、アレン・スミス(Allen Smith)選手、チャールズ・ダラッペ(Charles Dallape)選手です。

皆さん本当に仲が良いですね!全員が初来日の皆さん、大仏はもちろん、様々な建築物や庭を興味深くじっと見つめてはその風景をスマホに収めています。来日前から彼らのInstagramアカウントをフォローしていた私たちのJournal-ONEを紹介すると、「僕、観ていたよ。このメディア。」とハンターがチームメイトに紹介してくれました。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム Brown University/Camden Gagnon. Hunter Folsom,Chad Broome-Webster, Allen Smith, Charles Dallape
-Journal-ONE撮影この後、チャーリーにはJournal-ONEのInstagram人気企画「Powerful message from Athletes」で、日本の皆さんに向けたメッセージを書いてくれました!アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 Ivy Leagueオールスターチーム DB Charies Dallape(Brown)-Journal-ONE撮影

回廊にはめ込まれた英字のパネルを熱心に読んでいる選手がいます。プリンストン大学 (Princeton University)から選出された、DBのCJ・ウォール(CJ Wall)選手です。

CJも「日本の歴史や文化はアメリカとは全く違うので、とても興味深いです。」と、初来日の見聞を広めようと、少ない英語の案内を見つけて熱心に読み込んでいました。一緒に記念撮影したCJの笑顔!とても素敵ですね。アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム DB CJ Wall-Journal-ONE撮影

アメリカンフットボール Japan U.S. DREAM BOWL 2023 アイビー・リーグ(Ivy League)のオールスターチーム DB CJ Wall-Journal-ONE撮影

TwitterFacebookLinePinterestLinkedIn