アメリカンフットボール アイビーリーグ選抜選手と神奈川県川崎市立橘高等学校の生徒の皆さん -Journal-ONE撮影
TwitterFacebookLinePinterestLinkedIn
この記事の目次

Click here to read English article.

アメリカの超名門私立大学の総称 “アイビー・リーグ” という名前、日本人でも誰もが一度は耳にしたことがあるほど有名ですよね。 

ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュといった歴代大統領や多くの政治家を排出しているイェール大学(Yale University)、全米で最も歴史がありIT企業の創業者などの著名人やノーベル賞受賞者を世界で最も多く輩出しているハーバード大学(Harvard University)、ドナルド・トランプ大統領が卒業したペンシルベニア大学(The University of Pennsylvania)、 アメリカ・大リーグ(MLB)のスーパースター、ルー・ゲーリッグ(Lou Gehrig)選手などスポーツも盛んなコロンビア大学(Columbia University)。 

更には、プリンストン大学、ブラウン大学、コーネル大学。ダートマス大学と世界に名だたる米国の政財界・学界・法曹界を牽引する卒業生を数多く輩出してる大学ばかりです。 

このアイビー・リーグの大学生51名が、「Japan U.S. DREAM BOWL 2023」で、日本の社会人アメリカンフットボール・Xリーグ選抜の日本代表と国際試合を行うために来日しました。練習や試合だけでなく、様々な行事が目白押しのアイビー・リーグ選抜。

Journal-ONEでは、彼らの日本滞在を密着取材しました! アメリカンフットボール アイビーリーグ選抜の選手たち -Journal-ONE撮影

日本の最先端技術に触れる、JR東海(Central Japan Railway Company)が開発する超電導リニア(Superconducting Maglev)の試乗や、神奈川県鎌倉市での日本文化・歴史の体験、練習会場である神奈川県川崎市の高校生たちとの交流など、アメリカンフットボールが繋ぐ日米の絆を紹介していこうと思います。

 この日も朝から練習に集まった選手たち。日本滞在も後半に入り、練習もより実践的なものが増えてきました。 

アメリカ4大スポーツのひとつ “アメリカンフットボール”は、その最高峰プロリーグ・NFL(National Football League)が、全米で最も興行収入の高いプロスポーツと言われています。そのNFLに多くの選手を輩出するアメリカの大学が参加して行われる “カレッジフットボール(College football)” も、NFLと同じくテレビなどで放映される程人気があるんです。 

そのカレッジフットボールの名門であるアイビー・リーグには、スカラシップといわれるスポーツ奨学金の授与がないため、学業もトップレベルでなければ、プレーすることの出来ないリーグなんです!正に文武両道の選手たちです!アメリカンフットボール アイビーリーグの選手たちは文武両道 -Journal-ONE撮影

 「チーム編成が間際になり、シーズンオフと言うこともあってなかなかフィジカル面の調整が難しいです。今日は、アル・バグノーリ(Al Bagnoli)ヘッドコーチからの指示で少し身体の動きを良くするためのトレーニングを増やしました。」と話してくれたのは、コロンビア大学でスポーツパフーマンスのアシスタントディレクター(Assistant Director of Sport Performance)をしているフランク・リサンチ(Frank Lisante)コーチ。アメリカンフットボール アイビーリーグ Frank Lisanteコーチ -Journal-ONE撮影

これまでの日本滞在の印象を聞くと、「フットボールの試合に向けた準備が大変だけど、用意された様々なプログラムや、空いた時間での日本の体験をとても満喫しています。特に、昨日体験した超電導リニア(Superconducting Maglev)の試乗は最も刺激的な体験でした。311mphで走る鉄道に乗るなんて信じられない!アメリカに住むエンジニアのいとこに写真と動画を送ったんだけど、“311mphで走行する鉄道が浮いているの?” と驚いていましたね。」と興奮気味に話すフランクコーチ。 

「今日は、夕方から東海道新幹線にも乗ることが出来るんだ!東京で行われている大相撲をスタッフで観戦に行くのですが、日本の国技である相撲というスポーツを観る機会はとてもラッキーなんだけど、東海道新幹線に乗ることも本当に楽しみなんです。」と、時間の正確さと乗り心地の良さ、そして超高速で走る日本の鉄道技術に触れて本当に嬉しそうなフランクコーチでした。 アメリカンフットボール 超電導リニア試乗 アイビーリーグ Al Bagnoli Japan U.S. Dream Ball - Journal-ONE撮影

幾通りもある連携プレーを正確にしてこそ、チームとして機能するフットボール。この日は、コーチ陣から幾度となく「Communicate!」という言葉が発せられ、そのたび選手たちはプレーを止めて、プレーの意図や選手の動き方を確認しています。 

普段は別の大学でプレーしている選手たちですので、短時間で互いを理解するのは難しいと思いましたが、選手たちは笑顔で意思疎通を行っています。 

きつい練習も楽しんでプレーしているアイビー・リーグ選抜の選手たち。スポーツを心から楽しんでいるトップアスリートの姿を観ていると、こちらも思わず笑みが溢れる練習風景です。アメリカンフットボール アイビーリーグ選抜選手の練習風景 -Journal-ONE撮影

TwitterFacebookLinePinterestLinkedIn