女子ソフトボール JDリーグ交流戦 日本精工ブレイブベアリーズの山田 玲菜投手と弓納持 あみ選手-Journal-ONE撮影
jone_logo
取材・文:
Journal ONE(編集部)
この記事は約5分で読めます。

令和の世の “天下分け目” の戦い

北京オリンピック、東京オリンピックと2大会連続(ロンドン オリンピック、リオデジャネイロ オリンピックは競技種目から外れる)で日本に金メダルをもたらした “女子ソフトボール”。伝説のピッチングで日本中を沸かせた、上野 由岐子投手をはじめとする金メダリストたちや、世界各国の代表選手たちがプレーする世界最高峰の女子ソフトボールリーグ “JD.LEAGUE(JDリーグ)” が、今シーズン前半戦の最終節を迎えました。

全16チームが東西地区に分かれて行われているリーグ戦は現在、東西地区対抗交流戦シリーズが行われています。かの有名な史実 “関ヶ原の戦い” の舞台となった美濃国(岐阜県)に一堂に会して開幕した今年は、令和の世の “天下分け目” の戦いに相応しい対決が続きます。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 日本精工ブレイブベアリーズの山田 玲奈投手と吉田 樹理選手-Journal-ONE撮影

この日まで3節(一部、雨天で順延)を戦い終えての戦績は東軍の25勝に対し、西軍の21勝とやや東軍優勢の展開となっています。天下分け目の最終章が行われた第9節、愛媛県西予市にある宇和球場は、西軍・伊予銀行VERTZの地元。地元の利を活かして西軍の巻き返しなるか?東軍の勢いそのままか?注目の西予ラウンドをレポートします。

伊予国の熱い思い

実は、ここ愛媛県西予市での開催は、地元の熱い思いがあって実現しました。平成29年(2017年)に開催された “2017愛顔つなぐ えひめ国体” 成年女子ソフトボールの部で、地元・愛媛県選抜選手が優勝を飾ったレガシーを活かし、ソフトボールで地域創生を目指します。

この活動に賛同した地元企業のJR四国と伊予銀行がタッグを組んで実施している “四国を元気に!プロジェクト” において、ヴェールズの庄司 奈々投手と辻井 美波選手が2月に西予市を訪問。宇和中学ソフトボール部の皆さんとのソフトボール・クリニックや、平成30年7月豪雨で甚大な被害を受けた野村町の乙亥会館 災害伝承展示室見学などで交流を深めていました。JR四国と伊予銀行 ”四国を元気に!プロジェクト” で宇和中学ソフトボール部と交流する庄司 奈々投手と辻井 美波選手(伊予銀行VERTZ)-Journal-ONE撮影

ソフトボール、スポーツをきっかけに、地域の皆さんとの絆が深まり、スポーツを “するひと” “みるひと” “ささえるひと” が笑顔になる。スポーツが持つ力の素晴らしさに感心してしまいますね。

西軍・近江国の名将に聞く

この令和の世に行われた “天下分け目” の戦い。戦国の名だたる武将たちが参戦した関ヶ原の戦いと同じく、JDリーグの各チームで采配を振るう “名将” の皆さんに注目した東西決戦。交流戦1stラウンド交流戦2ndラウンドのレポートも読みながら戦いを振り返っていただけると嬉しいです。

日本精工ブレイブベアリーズ(滋賀県湖南市)は、昨シーズンリーグ7位。今シーズンもここまで2勝14敗で7位(6/16時点)ながらも、後半は強豪チームにも接戦を演じて “良い試合” を続けるブレイブベアリーズです。「大崩れしないようにはなりましたが、接戦を勝ちきることができなかった。勝ちきることでチームのレベルが上がるのですが、まだまだ若いチームです。」と、森澤 隆行監督が試合前に手応えを感じながらも今一歩の前半戦を振り返ります。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 日本精工ブレイブベアリーズの森澤 隆行監督-Journal-ONE撮影

森澤監督は、自らもソフトボール選手として名門・闘犬センター(高知)で活躍され、様々な栄冠を手にしてきました。現役引退後も、高校女子ソフトボールの名門・神村学園(鹿児島)や大学女子ソフトボールの名門・IPU環太平洋大学(岡山)、現在JDリーグ東地区に所属するデンソーと多彩な指導歴を持つ、正に “豊富な戦略手腕を持つ名将” なんです!

「若い選手が多く入ってきてくれて、チームに活気が出てきましたよね。」と、新チームの雰囲気の良さを教えてくれる森澤監督。「投手陣では、主戦の山田 玲菜投手が成長してくれました。明るく度胸満点の性格同様に、今シーズンは打者に向かっていく闘争心が出てきました。」と目を細める一方、「打線は力が付いてきたとは言え、打ちに行く姿勢がまだまだです。」と更なる高みを目指した課題も口にします。「特にボールを待つ姿勢、常に打ちに行く中でボールを見極めるといったテクニックが備わるように教えています。」と、チームのレベルアップに必要なポイントまで教えてくれます。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 日本精工ブレイブベアリーズの森澤 隆行監督-Journal-ONE撮影

「他チームの監督と話す機会があれば、色々と情報交換もしていますよ。互いの強みを吸収する上で、他チームとの合同練習なども考えています。」と、多彩な “国造り” を思い描く森澤監督は、様々な治政を行い、甲斐武田の名を全国に轟かせた武田 信玄を思い起こさせます。

躍動する “一番槍”・山田 玲菜投手

ブレイブベアリーズの最終節は、2試合連続でタイブレークに突入する好ゲームを演じます。

先ずは6月17日、森澤監督の古巣・デンソーブライトペガサス戦。森澤監督が成長を喜ぶ、先発・山田 玲菜投手は初回からストライクを先行させる攻めの投球で、日本代表選手を擁するブライトペガサス打線を抑え込みます。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 2戦にわたって力投する日本精工ブレイブベアリーズの山田 玲菜投手-Journal-ONE撮影
「コースにしっかり投げきれることを課題にオフに練習してきましたが、それができていることが良いピッチングになっているのだと思います。」と山田投手が話す通り、ストライク先行で相手を追い込み、有利な展開に持ち込んでいきます。

2回に、ブライトペガサスの主将・白石 望美選手に追い込みながらも2塁打を浴びて先制点を許しますが、以降は強打のブライトペガサス打線に得点を与えません。
「試合の中では、重石捕手といつも会話をして確認しています。自分らしさを出していこう。自分らしさを全開にして出していこうって。」と話す山田投手の笑顔には、何か投球のコツを掴んだような自信に溢れていました。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 2戦にわたって力投する日本精工ブレイブベアリーズの山田 玲菜投手-Journal-ONE撮影

「守備はまだまだです。」と話していた森澤監督でしたが、好投の山田投手を助けたのは外野陣でした。先ずは6回、センター前に抜けたゴロを素早く捕球した須藤 祐美選手がレーザービームで本塁封殺!更に、レフトに上がった大飛球を、高原 侑里選手がフェンスを乗り越えての好捕で勝ち越しを許しません。
「野手のみんなは。本当にノックをいっぱい受けているんです。それを見ているので信頼度は増していますし、今日も本当に助けられました。」と山田投手も絶賛していました。

この試合は、タイブレーク1回目(無死2塁から攻撃)の8回にバントで3塁に走者を進めたブライトペガサスがスクイズを決めて勝ち越し。その裏、ブレイブベアリーズも1死3塁と同点のチャンスを作りますが、2-1でブライトペガサスが勝利しました。

期待の新星・弓納持 あみ選手

リードされた2回裏、松本 由佳選手が2塁打で作ったチャンスに、ルーキー・弓納持 あみ選手、小泉 向日葵選手が続いて安打を放って同点に追いつきました。接戦に持ち込む試合運びは、こういった打線の援護が不可欠。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 日本精工ブレイブベアリーズの弓納持 あみ選手-Journal-ONE撮影
この日、複数安打を放った弓納持選手は、「昨年12月から練習に参加していますが、冬場に多くバットを振り込んだことが結果に繋がっています。徐々にミート率は上がってきていますが、後半戦に向けてまだまだ上げていきたいです。」と好調の要因を教えてくれました。
また、前半戦を振り返っては、「皆さん、前半戦の応援ありがとうございました。もっと魅力的なソフトボールを見ていただけるよう、夏の間に練習していきます。」と、後半戦への巻き返しも誓ってくれた弓納持選手の更なる進化が楽しみですね。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 日本精工ブレイブベアリーズの山田 玲菜投手と弓納持 あみ選手-Journal-ONE撮影

“一番槍” に続く新星・小栗 巳緒乃投手

翌6月18日の大垣ミナモ戦で登板したのは、弓納持選手と共に今年のブレイブベアリーズを活気付かせているルーキーの小栗 巳緒乃投手です。
「練習ではそれほど調子が良いということは無かったのですが、マウンドでは新人らしく細かいことを考えずに攻め続けたことが良かったです。」と振り返った小栗選手。
その言葉通り、先輩の山田投手同様の度胸満点のピッチングで、ミナモ打線を抑え込んでいきます。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 力投する日本精工ブレイブベアリーズの小栗 巳緒乃投手-Journal-ONE撮影

ピンチを凌ぎ、6回までミナモ打線を零封していた小栗選手でしたが、7回の先頭打者・内田 小百合選手に安打を許したところで昨日完投した山田投手にマウンドを譲ります。「ロングイニングを投げきるために練習を続けてきましたので、最後まで投げきれなかったのは本当に悔しいです。1-0の場面で任せてもらえるような投手になれるよう努力して、次は完封します。」とこの日の投球を振り返った小栗投手。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 力投する日本精工ブレイブベアリーズの小栗 巳緒乃投手-Journal-ONE撮影

「高卒1年目ですが、たくさん試合に出させて頂きました。その中で課題もたくさん見付かりましたので後半戦までの1ヶ月意識して練習して、チームを勝利に導けるような投球ができるようにしたいです。」と後半戦に向けた抱負も話してくれました。

無安打の攻撃陣を名将が導く

ミナモの先発・Ellen ROBERTS(エレン・ロバーツ)投手に打者一巡まで無安打に抑えられていたブレイブベアリーズ。今まで3塁コーチャーズボックスで選手たちを見守っていた森澤監督が動きます。4回裏の攻撃前に円陣の輪に入り、身振り手振りを交えて選手たちに何やら策を授けました。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 日本精工ブレイブベアリーズの森澤 隆行監督-Journal-ONE撮影

すると、この回先頭の黒木 美佳選手がレフトへ綺麗に流すヒットで早速出塁し、先制のチャンスを作ります。2死2、3塁となり打席には松本 由佳選手。こちらも黒木選手と同様、ミートを重視して放った打球は投手頭上を襲うセンター前へのタイムリーヒット!
名将の策に選手たちが応えて鮮やかに先制点を奪い、小栗投手を援護します。女子ソフトボール JDリーグ交流戦 タイムリーヒットを放った日本精工ブレイブベアリーズの松本 由佳選手-Journal-ONE撮影

7回二死の土壇場で同点に追いつかれ、2試合続けてのタイブレークとなったブレイブベアリーズ。8回に1点ずつを取り合い、タイブレーク2回目(1死2、3塁から攻撃)の9回に突入!先攻のミナモに3点を奪われますが、簡単には終わりません。3番・髙原 侑里選手の犠牲フライで1点を返し、2死1.2塁と一発出ればサヨナラのチャンスを作ります。
ここで打席には先制のタイムリーを放った松本選手が入り、応援団の期待も高まりますが反撃もここまで。

女子ソフトボール JDリーグ交流戦 日本精工ブレイブベアリーズの重石 華子選手と松尾 ほの華選手-Journal-ONE撮影2試合続けてのタイブレークと、“良い試合” を見せてくれたブレイブベアリーズでしたが、前半戦最終節をあと一歩で終えた後半戦の巻き返しに注目です!

[伊予銀行編] 女子ソフト・JDリーグ交流戦最終節 はこちら
[デンソー編] 女子ソフト・JDリーグ交流戦最終節 はこちら
[大垣ミナモ編] 女子ソフト・JDリーグ交流戦最終節 はこちら

アクセス
西予市営宇和球場
  • JR卯之町駅 - 徒歩15分

 

おすすめ記事