【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手が高知県須崎市にある安和駅で記念撮影‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン
伊予銀行ヴェールズの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手-Journal-ONE撮影
取材・文:
黒木 美紀・齋藤 明日加・瀧川 愛海[伊予銀行ヴェールズ](日本)
この記事は約7分で読めます。

JR四国が誇る観光列車で女子旅!

スポーツと観光の両面で地域を元気にする「四国を応援プロジェクト!」。女子ソフトボールの国内トップリーグ(以下、JDリーグ)に所属している、四国・愛媛県は松山市を本拠地とする 伊予銀行ヴェールズ(以下、ヴェールズ)と、四国旅客鉄道株式会社(以下、JR四国)がタッグを組んだ地域活性化の取り組みは、今年2月に好評いただいた「愛媛県編」に続く「高知県編」をお届けします。

レポーター初挑戦の、ヴェールズの勝ち頭・黒木 美紀投手と、俊足好打・齋藤 明日加選手、シュアな打撃が光る瀧川 愛海選手が送る、高知・女子旅レポートの第4章(最終章)はJR四国の人気観光列車 “志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり” 乗車レポートです!【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

四国を元気に!愛媛県編」では、同じくJR四国の人気観光列車 “伊予灘ものがたり” 乗車レポートも公開しています。それぞれ読み比べていただければ嬉しいです。四国を応援! VERTZの庄司奈々選手、辻井美波選手がJR四国の観光列車 伊予灘ものがたりで女子旅!-Journal-ONE撮影

高知に着いたら先ずは! -龍馬パスポート

齋藤:いよいよ最後となった第4章では、今回の女子旅のメインイベント「観光列車」の乗車レポートをお送りします。JR四国さんは、各路線にその土地ならではの魅力を詰め込んだ “ものがたり列車” と呼ばれる観光列車を全ての県で運行しているのです。

2月に実施した「四国を元気に!愛媛県編」では、ヴェールズの庄司 奈々投手、辻井 美波選手、本間 紀帆選手、吉金 亜希子選手が愛媛県を走る “伊予灘ものがたり” に乗車しました。車窓はもちろん。列車の内装やお食事、地域の皆さんのおもてなしに感動したことを聞いていたので、今回の「四国を元気に!高知県編」でも観光列車乗車レポートがあると聞いて、本当に楽しみにしていたんです。JR四国が誇る人気観光列車・伊予灘ものがたり -Journal-ONE撮影

黒木:齋藤さん。観光列車も楽しみですが、JR高知駅に来たならば立ち寄るべきスポットがあるので、それを先に紹介しなければいけませんよ。その場所とは、駅前にある “こうち旅広場 とさてらす” 。立ち寄りの目的は “龍馬パスポート” を引き換えることなんです。【四国を元気に!】駅前にある “こうち旅広場 とさてらす” を目指す目印・三志像‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

瀧川:そういえば、取材の最初に “龍馬パスポート申請書” というハガキをいただきましたね。お食事で1つ、昨晩宿泊したJRクレメントイン高知で2つスタンプを押してすでに3つの枠が埋まっています。

黒木:この申込書を龍馬パスポート交付窓口に持っていくと・・・ ほら!紺色のパスポートと引き換えてくれるんです。日本のパスポートに似ているこの龍馬パスポートは、この紺色のパスポートを6個のスタンプで満たすと赤のパスポートにグレードアップするんです。さらに、ブロンズ、シルバー、ゴールドとステージが上がっていって、最後まで到達すると殿堂入りとして達成記念プレートがここに掲示される仕組みになっています。【四国を元気に!】駅前にある “こうち旅広場 とさてらす” で交換できる "龍馬パスポート"‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

瀧川:ステージが上がる毎に難易度が増しますね。宿泊12泊以上とか体験プログラム4体験以上とか結構ハードルが高いですよ。私たち伊予銀行ヴェールズは、春キャンプを高知県内で実施するので12泊はあっという間に溜まってしまうと思いますけど(笑)様々なお店でスタンプが押せるので、伊予銀行ヴェールズ 瀧川 愛海という木札が飾られる日も近いかもしれません! スタンプを押す楽しみも増えて、何度も高知県に訪れる旅行者の方も増えるのではないでしょうか。

綺麗な駅舎でワクワク -JR高知駅

齋藤:さぁ、待ちに待った観光列車に乗る時間が迫ってきましたよ!JR高知駅はとっても大きくて綺麗な駅ですね。【四国を元気に!】JR四国の高知駅から人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン改札を抜けると列車名が書かれた電光掲示板があります。え~っと私たちが乗る列車は・・・ “志国土佐 時代の夜明けのものがたり” ですね!JR四国のものがたり列車の第3弾として2020年7月から運行しているこの列車は、土曜・日曜・祝日を中心に高知駅と窪川駅の間で1往復運行されています。高知発の下り列車は “立志の抄(りっしのしょう)”、窪川発の上り列車は “開花の抄(かいかのしょう)” と呼ばれているので、私たちが乗車レポートするのは “立志の抄” になりますね。

瀧川:10月から12月までの金曜日(12月29日を除く)は土佐くろしお鉄道の “ごめん ・なはり線” でも運行するそうですよ。あっ!観光列車がホームに入ってきましたよ!ブラウンに塗られたシックな趣の車両 “KUROFUNE(クロフネ)” ですね。後ろの車両は土佐の真っ青な海と空に映える白い車両 “SORAFUNE(ソラフネ)” です。皆さん、乗車前から車両の前後で熱心に記念撮影をしています。私たちも早速記念撮影しましょう!【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

黒木:外での撮影も終わり、いよいよ“志国土佐 時代の夜明けのものがたり” に乗車します。アテンダントさんに迎えられて列車に乗り込むなんて、まるで高級ホテルに入る気分です。車内も特別感ある豪華な作りになっています。私がイメージする鉄道のイメージとは全く異なる外観や内装には本当に驚いてばかりです。1号車の “KUROFUNE” に座席があるので1号車の方へ進んでみましょう。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワンうわぁ、天井が晴れ渡った青空のような明るい空間が目に飛び込んできました。既に乗り込んでいる乗客の方も、忙しなく車内の至る所を撮影していますよ(笑)。果てしない青空のもと、仲間たちと新たな時代への志を語りながら大海を行く蒸気船をイメージしたという “KUROFUNE” にぴったりの内装です。私たちの座席はこの車両の最前列なのですが、運転台の壁面にはリアルタイムで外の景色が投影されていて、ずっと先まで見渡せるその眺望は、本当に船に乗って走っているような感覚になりますね。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

おもてなし満載の車内! -志国土佐 時代の夜明けのものがたり

瀧川:いよいよ出発です! 私たちが乗車したのは 4人が向かい合わせに座る座席です。高知では一家が顔を合わせて、皿鉢(大皿に盛り付ける)料理という食事をする慣習があるのですが、まさにその団らんを再現できるシートなんです。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン実はこのシート、座面の裏側にあるレバーを引くと・・・ 窓側に向かって回転します。これにより、沿線の皆さんのおもてなしや車窓から見える素晴らしい景色を正面で見ることが出来るという工夫がされているのです。他にも、2人用のペアシートや窓際のカウンターに座るタイプなど、利用される方の人数によって席が選べるのも素晴らしいおもてなしだと思いました。

黒木: 私たち3人、観光列車に乗車するのはもちろん初めてです。レポーターとして上手く魅力を伝えなくてはと力が入り、あちこちと見回している間にお食事の時間が来てしまいました。立志の抄で予約できるのは、こちらの “土佐の食材を使用した創作料理 ~皿鉢(さわち)風~” なんです。玉手箱のような蓋を開けて覗き込むと、美味しい香りと目にも美味しい色とりどりの美味しそうな料理が待っていました! 【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン「おぉ~凄い豪華~!」とみんなで同じリアクションになってしまいましたが、きっと皆さんも同じリアクションになること間違いなしの感動の瞬間です。

齋藤:こちらのお料理は、土佐市にある土佐食彩森澤さんのご提供。鮎やウナギ、川海老といった自然豊かな川の恵み。タコや貝、エビといった海の恵み、お野菜、お肉、果物とバランス良く多彩なメニューには今まで食べたことのない料理も入っていて、ワクワクしながらひと品ずつ味をみんなで確かめ合っていただきました。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

瀧川:車内販売も豊富です。私は、ドリンクのSORAFUNEを頼みました。四国の海や清流を思い起こさせるクリアブルーのノンアルコールカクテルは、窓際に置いたりお料理とセットで撮影するとSNS映えする逸品!一緒に頼んだ、”はりまやプリン” との相性も抜群でしたよ。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

黒木:「乗車記念になにか一緒に思い出になる物を・・・」って話していたのですが。ちょうど良いお土産を買うことができました。買ったのは、この列車のエンブレムをあしらったオリジナルコースターです!セレクトショップで売っているような落ち着いたデザインが気に入りました。他にも食べ物やスイーツ、飲み物やお土産と多彩なラインナップとなっていますので、皆さんもきっとお気に入りの一品が見つかるのではないかと思います。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

地元のおもてなしに感動! -志国土佐 時代の夜明けのものがたり

黒木:そして、2月の四国を元気に愛媛県編をレポートした、同じポジションの庄司投手から「JR四国さんの観光列車は、地元のおもてなしが本当にスゴくて感動するよ。」と聞いていましたので、地元の人たちと出会っておもてなしをしていただくことを特に楽しみにしていたのです。

列車が動き始めると同時に早速車内アナウンスが流れました!ホームを見ると、JR四国の社員さんが手を振って見送りをしてくれています。ホームを出ると直ぐに「左手のマンションから」とか「右の民家の前では」とか、ことある毎にアテンダントさんが見落とさないように地元の方々のおもてなしを教えてくれるのです。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手が地元のおもてなしに感動‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワンあ!河川敷には多くの方々が仮装したり横断幕を持ったりして私たちに手を振ってくれていますよ。地域の皆さんお一人ずつとお話しすることができなくても、こういった “お手振り” を通して心が通じ合うんだと思って感動しました。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

齋藤:駅で停車するたびにたくさんの沿線の皆さんが「ようこそ!また来てね!」と言うメッセージを掲げて手を振ってくれます。車内放送で音楽が流れると、その曲にあわせて振り付けをして踊る方々もいらっしゃいます!【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手が地元のおもてなしに感動‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

瀧川:フルーツトマト発祥の地といわれる高知県ですが、中でも日高村の “シュガートマト” は酸味、甘味、食味の全てが抜群だと話してくれたのは、“日高村おもてなし楽会” のガイドさんです。かわいらしいベレー帽を被った彼女は、「志国土佐 時代の夜明けのものがたり運行3周年記念として、この日は特別に車内でガイドをするんです。」と、ドキドキの面持ち。汗をいっぱいかきながら一生懸命におもてなしをしてくれました。英語もとっても上手で驚きです!最後に記念撮影をさせていただき、再会を約束しました。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手が日高村おもてなし楽会の方々と交流‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

途中停車で南国気分! -安和駅

黒木:山間部、田園地帯をゆっくりと走っていた志国土佐 時代の夜明けのものがたりもトンネルを抜けるといよいよ海に面してきました!今日は雲ひとつない快晴となり、燦々と太陽の光を浴びた真っ青な土佐の太平洋が私たちを出迎えてくれました。

海岸にほど近い絶好のロケーション!ここで列車が途中停車するようです。停車駅の名は安和駅、高知県須崎市にある無人駅です。ホームと小さな駅舎がかわいらしい駅です。乗車記念ボードを持って写真を撮っていただきました。“SORAFUNE” と綺麗な海をバックに自然と笑顔溢れる素敵な一枚になりました。アテンダントさん有り難うございました!【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手が高知県須崎市にある安和駅で記念撮影‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

齋藤: 一方で、山側には真新しい施設が建っていますよ!住民の方がたくさん集まって手を振ってくれていますので行ってみましょう。この新しい施設は “集落活動センターあわ” 、2021年の11月に完成したばかりなんですって。集落活動センターとは、地域住民の皆さんが地域外からの人材も受け入れながら、集会所などを拠点に生活、福祉、産業、防災といった様々な課題解決に取り組む仕組み。ここで生産している “日本はちみつ” や “黒にんにく”、”手作り布ぞうり” などを販売されていました。色々な人たちの交流拠点が、こういったおもてなしに繋がっていることを知る良い機会となりました。

最後に -取材を終えて

黒木:春のキャンプで毎年お世話になっている高知県は、「第2のふるさと」と言えるくらい訪れていますが、こんなに素晴らしい景色やお食事、そして温かい人たちに触れる機会がなかったので、本当に新鮮な取材となりました。

キャンプに来る高知県は、どちらかと言えば苦しい思いをしに来る高知県という印象でしたが、今回の取材で高知県が心の底から好きになりました。リフレッシュさせていただいた力をこれから始まるリーグ戦後半に活かし、良い成績でシーズンが終わるよう。笑顔で高知県の皆さんと再会できるよう頑張ります!【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

齋藤:行く先々の皆さんの温かいおもてなし、人柄の良さに触れて本当に心が豊かになりました。美味しい物、素敵な場所、思い出の一品などとの出会いもたくさんあって、心に残る取材となりました。

最初は少し緊張していましたし、ずっと雨の予報だったので心配していましたが、取材が無事に終わって良かったです。私たちの女子旅レポートを読んでいただき、一人でも多くの方が「高知県って良いところだな。高知県に行ってみようかな。」と思っていただけると本当に嬉しいです。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

瀧川:私は高卒2年目なのですが、人生のビックイベントになるはずだった修学旅行がコロナ禍で中止になっていまいました。ですので、これまで友だち(スミマセン。今回はチームの先輩方とですが・・・)と一緒に旅行をする機会が殆どありませんでした。

遠征先でも宿舎とグラウンドを往復するだけでしたので、こんなに楽しい観光スポットや美味しいお食事があるなんて知りませんでした。心の底から楽しんだ女子旅レポートが、地域の皆さんにもソフトボールファンの皆さんにも。そして旅行を考えている皆さんにも喜んでいただけると嬉しいです。龍馬パスポートを制覇するまで高知での様々な観光にもトライしたいですね(笑)。【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

四国を元気に!高知県編 を最初から読む
四国を元気に!愛媛県編 を読む

【四国を元気に!】JR四国の人気観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」に乗車する女子ソフト・伊予銀行VERTZの黒木美紀投手、齋藤明日香選手、瀧川愛海選手‐Journal-ONE撮影/ジャーナルワン

■記者プロフィール
黒木 美紀
伊予銀行ヴェールズ所属のソフトボール選手。1997年生まれ、福岡県大野城市出身(筑陽学園高→東京富士大)。ソフトボール歴19年目、多彩な変化球を駆使して楽しんで投げるが信条!趣味は色んな珈琲を探すことと旅行。
齋藤 明日加
伊予銀行ヴェールズ所属のソフトボール選手。2000年生まれ、岡山県倉敷市出身(創志学園高→IPU・環太平洋大学)。ソフトボール歴11年目の俊足好打の外野手。最後まで全力プレーが信条。趣味はYouTubeやアニメを見ること。
瀧川 愛海
伊予銀行ヴェールズ所属のソフトボール選手。2003年生まれ、岡山県赤磐市出身(池田高校辻校)。ソフトボール歴8年目のガッツあるプレーが魅力の内野手。どんなときも笑顔がモットー。趣味は星を観ること。
アクセス
志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり-立志の抄(りっしのしょう)
  • JR高知駅-JR窪川駅(運転日/時刻はJR四国HPを参照)

 

おすすめ記事