TwitterFacebookLinePinterestLinkedIn

ベッレーリ氏もまた、ACミランとホストタウン・プロジェクトによって実現したこのイベントが、矢掛町の人々にとって「いつもと違う世界」に触れる貴重な機会になったことを感じていたのでしょう。「これからも周囲の関心を引き、刺激を与えられるよう、イタリアに関わることを利用して存在感を保ち続けることが大切だ」と語っています。

そして、アルベルゴ・ディフーゾとして認定されたホテル・矢掛屋INN&SUITESへ向かう道中、ベッレーリ氏は私にこう話しかけました。「素晴らしい時間を過ごすことができました。矢掛町はストレスからかけ離れた心地よいところ。息抜きにぴったりの町ですね」。

矢掛町とイタリアの絆は本物のようです。この関係がいつまでも続くことを願っています。

アクセス
岡山
取材・文:
ミケラ( イタリア )
この記事の関連記事

矢掛町——往時の日本とイタリアを結ぶ架け橋

岡山県の田園地方に位置する矢掛町の街並みは、山陽道に沿って形成されています。山陽道は、江戸時代に江戸の町と日本各地を結んでいた主要な道のひとつで、大名や武士、従者たちの一行が往来していました。 長旅の道中は頻繁に休憩する必要があったため、山陽道沿いに…

  • 岡山県
  • 観光名所
  • 文化
  • グルメ
  • 体験
  • 宿泊
  • ショッピング
TwitterFacebookLinePinterestLinkedIn